×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

夢売りのミン



あらすじ
 伝説がある。
 かつて人々は神々の怒りを買って眠り安らぐ事を禁じられたという。
 真偽は定かではないが、人間はいつ頃からか眠る事が出来なくなっていた。
 だが、神々の慈悲が残っていたのか、人間を一夜の眠りへと誘う眠り粉を商う者を送り出した。
 銀の左目を持つ彼らを人々は畏敬の念を込めて夢売りと呼んだ。



各章へのリンク



メールフォーム
感想、ご指摘などありましたら、こちらからどうぞ。



その他


© 2013 覚書(赤砂多菜) All right reserved