×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

消える教室



あらすじ
それは年に一度人知れず行われる生贄の儀式。
一番端の教室がその標的。
消える教室。あるいは消された教室。
その教室にいた生徒はいなかった事にされ、そのクラスの存在も学校から抹消される。
ただ、空き教室として、名残を残す。
なぜ、消えるのか、消えた生徒がどうなったのか誰も知るものはいない。



各ページへのリンク


メールフォーム
感想、ご指摘などありましたら、こちらからどうぞ。



その他



© 2013 覚書(赤砂多菜) All right reserved